高田万由子、娘のひまりさんへの英語・バイオリン教育がヤバいと話題。学校・高校はどこだ?


スポンサーリンク

音楽の世界でまさに金の卵的な存在である、

高田万由子さんの娘のひまりさん。

 

今回はそんな彼女の、

「英語教育が凄いって本当?」

「バイオリンの実力はどうなの?」

「学校・・・というか高校はどこ?」

と言った疑問に答えていこうかと思います。

 

高田万由子の娘、「ひまり」さんとは?


スポンサーリンク


まず最初は、高田万由子さんの娘さんについて

述べていこうと思います。

 

高田万由子さんの娘さんというのは、

向日葵と書いて、「ひまり」と読むそうですね。

 

これは、漢字変換も容易で、「ひまわり」を漢字にした

物だったりします。

 

つまり、ひまわりと書いて、ひまり、と読むというわけです。

 

太陽の方をむく明るい感じがする良い名前ですね!

 

そんな彼女ですが、既に高校に入られたとの事です。

と言う事は、今約15歳くらい。

2000年くらいに生まれた

人と言う事になりますね。

 

もう2000年代の子が高校生になる年ですか。

 

そんな高田万由子さんの娘のひまりさんは

今現在普通とはチョット違う教育やバイオリン教育等で

話題になっても居ますね。

 

 

高田万由子さんの娘、ひまりさんと英語。

続いては、高田万由子さんの娘、ひまりさんの教育

について述べていきましょう。

 

高田万由子さんは普通とは違う英語教育を

されているようですね。

 

フォニックスという勉強法のようで、

要するに正しい発音で英語を使えるようにするための

教育との事です。

 

例えば、「a」なら、「ア」。

「b」なら、「ブッ」。

「c」なら、「ク」と言った感じに発音をするようです。

でそれを使いこなすことで英語の教育となるようです。

 

ある種の英才教育課なにかか?

 

 

ひまりさん、バイオリンの実力は?

続いては、高田万由子さんの娘さんの、ひまりさんの

バイオリンの実力面について述べていこうと思います。

 

ひまりさんのバイオリンの実力のほどですが、

相当なレベルのものである事は間違いないですね。

 

具体的には、

バイオリン。2歳から習い始め、イタリアのコンクールで金賞を獲った事もある腕前。

と解説されています。

 

もうバイオリン歴が10年を超える、ある種のベテランと言う事でしょうかねこれは。

 

英語も凄いですけど、バイオリンの実力も凄い事が伺えますし、

お父さんの葉加瀬太郎さんの影響もモロに受けているとも言えそうですね。

 

 

高田万由子の娘、ひまりさんの高校(学校)は?

最後に、ひまりさんの学校は何処か?と言う事について

述べていこうと思います。

 

現在のひまりさんは、高校1年生。

ともなれば、どこの高校に行かれているのかが気になって来る所です。

調べてみあんしたが、残念ながら高校の名前の部分は解らず仕舞いでした。

 

代わりに、母親の高田万由子さん自体東京出身であること。

また、ずっと東京に住まれている事は間違いない事実です。

 

ともなれば、東京都のどこかにある、音楽系の高校に

通われている可能性が高い

と言えるのではないでしょうか?

 

まとめ

・高田万由子さんの娘のひまりさん。英語で特殊な教育を受ける。

・バイオリンの実力は確か。

・学校・高校は東京都の音楽系の学校じゃないかな?

ですね。


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ