【初心者必見】Twitterで知らない人/始めての人への話しかけ方

 

「Twitter を初めて見たのは良いけれども、
どのように会話を始めれば良いのか分からない・・・。」

 

「Twitter の会話の仕方の作法がよくわからない」

 

「初めて会う人にどんな会話から持ち出していいか分からなくて困惑している。」

 

あなたは今そのように感じているかもしれませんね。

 

普通に会話したりメールするのと違い Twitterは独特なルールに基づいて運用されています。

場の空気を読んでどのように会話をしたらいいのか深く考えてしまうあなたへ。

 

ここでは Twitter での会話の作法について述べていきたいと思います参考にしてみてください!

 

初めての人と会話する時にどう話すべきか?


スポンサーリンク

  1. 会話のきっかけとなる相手のツイートを見つける
  2. 自分の感想を述べるor詳細を伺う

 

基本的にはこの2点セットから会話に入っていくと良いでしょう。

 

相手は悪く言及するようなことをしなければ、どのようなことを書いていただいても基本的には Ok なのが Twitter です。

 

そもそも Twitter というのは非常に気軽に会話を楽しむことができるツールとなっていますから、そんな堅苦しいまなや作法は存在していないのです。

 

例えばですが、相手のツイートに対して、

 

「そのお話というのは具体的にはどういうことなのでしょう?」

「興味深いお話ですね。私はこう考えています。」

「同じものが私も欲しいのですがどこで売っていますか?」

「私にも似たような経験があります。確かに苦しいですよね・・・。」

 

こんな感じで軽い雑談感覚に話をしていても問題ないのは Twitter というものです。

 

そもそもツイッターは気軽な会話の場所

 

ツイッターを長く運用している人にとって知らない人に話しかけられることはほぼ日常となっています。

 

普段から会話している人からもコメントが来るし、知らない人からも当たり前のようにコメントがやってくるのが Twitter の世界です。

 

ですから、いきなり話しかけられることに慣れています。

別にいきなり雑談を持ちかけられても違和感を感じる人は少ないでしょう。

(閉鎖的に少人数で会話しているグループであれば例外もあるかもしれません。)

 

話が少々飛びますが Twitter の業界では炎上したり炎上されたりするのも当たり前な世界だったりします。

遠慮なく第三者につっかかり、それでストレス解消を図っているグループも一定数いるということです。

そういう無法地帯な一面も Twitter を運用している人であればみんな理解していますから、マナーよく会話に参加してこようとしてくる人を悪く思う人はいません。

 

 

誰かに会話をしようと考えているのであれば、恐らく同じ趣味を持っている人か、自分が欲しがっている何かを持っている人とコミュニケーションしたいと思って、会話したいたのだと思います。

そうであれば、相手のツイートの中から気になるものに対して、自分が一言コメントをするという形式で会話を始めてみると良いでしょう。

ちなみにですが、会話する際は新しめのツイートに対してコメントすれば直良しです。

ツイッターは鮮度のある話題がメインですからね。

 

返信には無理に返答する必要が無いという事を理解しておく


スポンサーリンク


最後に注意書きとなりますが、 Twitter の世界では返信は強制されません。

つまり自分が話しかけても返答もらえない可能性だって十二分にあり得るということです。

 

気軽な会話の場所ですから、逆にいえばこまめにすべてのコメントに返信を必ず返してくれるかと言うとそうではありません。

気になったものに対しては返信はしますし、そうでないものに対してはそのままスルーされてしまうことだって考え得るのです。

 

ですから、返信されても返信されなくてもよいという考え方のもとで気軽にそれでいてマナーよく相手に当たる事を考えていただければ問題なることはないでしょう。

1回か2回買えばしていくことにだんだんとお互いが打ち解けていき最終的には雑談をはずませる関係になっていくことでしょう。

 

まとめ

まとめますが Twitter は気軽な会話の場所です相手の会話の内容にすっと入り込んで雑談に食い込んでいくスタイルで話をつけていくと良いでしょう。

 

趣味が同じであれば相手を理解することができますしこちらの話を理解してもらうこともできるでしょう。

考え方に共感できれば共感できた旨を相手に伝えれば理解はしてもらえます。

そうやって思考が近い人同士つるむのが Twitter だと言い換えることができますね。


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ