瀬戸内寂聴、娘を捨てたから嫌いの声が爆発か!?性格面も同時に調査!


スポンサーリンク

尼さんとして、公園化として有名な瀬戸内寂聴さん。

 

彼女はその僧侶としての説法でしたり、

色々な所で繰り出される様々な助言に一定の影響力を

持っていますね。

そんな瀬戸内寂聴さんに「嫌い」という意見でしたり、

長女との確執、それにそうなったいきさつや性格等が

話題のようです。

ですので今回は、

「瀬戸内寂聴さんが嫌いって何事!?」

「娘の長女との関係は?」

「性格はどうなんだ?」

と言った問題に関して意見を述べていこうと思います。

 

 

瀬戸内寂聴は「嫌い」との声が!?長女との間に何が!?


スポンサーリンク


まず最初の話ですが瀬戸内寂聴さんに対する世間一般の

意見となります。

どうやら「嫌い」の声も上がっているようですがそこのところは

どうなのでしょうか…?

 

調べていますと、基本的には瀬戸内寂聴さんを悪く言う声は

無いのですが、代わりに過去の経歴の一部が原因で

悪く言われているようなんですね。

 

具体的には、瀬戸内寂聴さんは過去に

長女の娘さんが3歳だつた頃に、

別の男性の元へと駆け落ちして家族と子供の元を離れた…

なんて経歴があるんです。

 

これが「嫌い」と言われる主だった原因のようです。

 

僕個人的には、

「好き嫌いは人の好き勝手な判断による。

それよりもこういう色んな紆余曲折を経ている人の方が

発言に深みが増しますし、興味深い話も数多く飛んでくるわけだから

傾聴に値するし、嫌いではない。」

 

と考えています。

 

その後の長女との関係も気になるところでしたから

調べますと、和解されていると聞いています。

3歳の時の駆け落ちですから、多分長女は記憶にないでしょう。

 

それにその駆け落ちだってもう半世紀も前の事です。

パーフェクトな人間も居ませんし、当事者同士も

和解されている以上、このことを深く言い続けるのは

どうなんだろうなぁ…?

と、感じてしまいます。

 

少なくとも、今この瞬間の瀬戸内寂聴さんを

悪くおもっちえる層は、あまりおおくないですね。

 

強いて言えば、瀬戸内寂聴さんは政治関連の

話に関してはよくされますので、

そういった話に関しまして強い信念を持っている類の

人々にとっては、不快な気分を誘発させるのかも

しれませんね。

 

 

瀬戸内寂聴の性格は?

最後は瀬戸内寂聴さんの性格面について

色々と述べていきたいなと思います。

 

瀬戸内寂聴さんの性格ですが

僕が思うに、

・尼僧らしいやさしい性格。

・自分にすなおな性格。

だと考えています。

 

上記で触れた、若かりし頃の過ちに関しましては、

多分瀬戸内寂聴さん自身の何にも縛られない

自分にすなおな性格がモロに発揮されてああなったんだと思います。

 

そして、やさしさ…というか慈悲的な感じに関しましては、

瀬戸内寂聴さん自身の役職である僧侶というお仕事を通じて

徐々に徐々に染まっていって、自然とやさしく人に当たるように

なっていったのではないでしょうか?

 

 

瀬戸内寂聴さんに関していえる事は、

凄く深い人生を歩んできているという事だと思います。

レールの上の人生ではなくて、

普通な人が入り込まないような寄り道をたくさんしてきたという事です。

 

そこで培われた完成が元となって、文学賞を受賞するようになったり、

講演会などにひっぱりだこになっているんだと僕個人的に思っています。

 

まとめ

・瀬戸内寂聴さん「嫌い」の意見の元は過去の長女との関係にあり。

・性格は、僧侶らしさと、自分に対する素直さでは?

ですね。


スポンサーリンク


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ