光石研の若い頃に妻がアレで…出身やインテリアへのこだわりが興味深い。


スポンサーリンク

俳優の光石研さん。

 

彼の、

「妻はどんな人?」

「出身は何処なんだ?」

「若い頃ってどうだったの?」

「インテリアにこだわりがあるって聞いたけど…?」

と言った疑問に答えていこうと思います。

 

光石研の妻とは?


スポンサーリンク


まず最初は光石研さんの

妻について述べていきたいと思います。

 

光石研さんは、現在結婚されていますね。

それでお子さんはとうにいらっしゃらないとの事です。

 

結婚は29歳の時。

現在59歳の光石研さんですから、

もう既に結婚後30年がたったという事に

なります。

長い結婚生活ですね。

 

とは何故子供を作らなかったのかが

きになるところですが…。

 

なお後述しますがこの奥さんは中々勇気のある

タイミングで結婚を光石研さんに申し込んで

居る事が解ります。

 

光石研の出身は?若い頃も同時に紹介。

続いては光石研さんの出身地に

ついてですね。

 

光石研さんの出身地は、

北九州市八幡西区ですね。

 

丁度その高校時代の頃だと思いますが、

博多っ子純情という映画に出演されています。

この映画は1978年の作品ですから

光石研さんがまだ17歳の頃の話だという事になりますね。

 

若いですねぇ…。

 

その後が活躍の場を大きく広げる事になりました。

NHKやTBSにフジテレビ等のテレビドラマへの出演を

一気に増やしていきました。

 

恐らく上記で触れた、博多っ子純情の後に

出演した後に出演した、

「男はつらいよ」で知名度を伸ばしたものかと

思われます。

 

ですがそんな花盛りの20代も

終わりに近づくと

光石研さんを苦難が襲います。

20代の頃は仕事があったんですが、
30代前半は辛かった。男の子から大人になっていくに従って、
仕事が減っていったんです。
ボクに限らず、俳優はみんな経験することでしょうね。

働いている男は青年期から大人へ移行するに従って、
求められる役割が大きく変わっていく

仕事が明らかに減っていくわけですから、
今までの取り組み方を変えないと、
この世界で長く仕事を続けることはできないなと切実に感じました。

何か手掛かりはないかと、いろんな映画を観たり、
「どんなオーディションでも受けるから」と事務所に頼んだりしました。

29歳で結婚し、しっかり稼がないといけない時期だったのですが、
その頃はなかなか難しかったですね。

引用元:日刊サイゾー

苦難の時代、苦しい時というのは誰しも

訪れるものですね。

その苦難の時代を奥さんは支えてくれたんだと思います。

 

子役が大人になると、仕事が~

と言う話は聞きますが、

これは大人になっても同じなんだなと

改めて認識させられる話ですね。

 

とはいえ、現在まで光石研さんは現役を張っています。

常に最前線です。

 

苦難を乗り越え、今なお活躍されていますから

これは誇れることだなぁと感じています。

 

光石研のインテリアとは?

最後は光石研さんのインテリア事情について

述べていこうと思います。

 

光石研さんはインテリアニ妙なこだわりが

あるご様子ですね。

Googleで画像検索をしますと、このような画像が出てきます。

 

どうでしょうか?

「ドラマの撮影場所かな?」

「映画のワンシーンかな?」

と感じさせる素敵なインテリア配置ですね。

 

芸能界の俳優と言うお仕事をされる光石研さん。

インテリアなど、自分の仕事とは直接的に

関係ない所にも投資して感性を磨いているのかも知れません。

 

まとめ

・光石研さんの妻は旦那を支えた人だといえる。

・出身は、北九州市八幡西区

・若い頃は仕事に溢れていたが…

・インテリアに謎のこだわりあり

ですね。


スポンサーリンク


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ