岸部一徳の家族(嫁・息子)がヤバいと噂!性格面や演技力もチェックだ!


スポンサーリンク

俳優の岸部一徳さん。

 

もう40年くらい活躍を続ける岸部一徳さんは

長々とした根強い人気が特徴と言えますね。

そんな彼の、家族である嫁さんや息子でしたり、

性格面、それに演技力などを

色々と見ていこうと思います。

ですから今回は、

「岸部一徳さんの家族とは?」

「岸部一徳さんの性格は?」

「岸部一徳さんの演技力とは?」

と言った物事について意見を

述べていこうと思います。

 

 

岸部一徳の家族とは?


スポンサーリンク


まず最初は、岸部一徳さんの家族関係について

色々と意見を述べていきたいと思います。

 

岸部一徳さんの家族と言いますと、

妻・息子の2名が主だった家族と言えるでしょう。

 

因みに息子は、岸部大輔さんです。

 

パウンチホイールというロックバンドにて

ボーカルや、ベースをされているそうなんです。

 

お父さんの岸部一徳さんだって、もともとは音楽の道を

進まれていた方ですから、ある意味遺伝したのかも

しれませんね(笑)

 

ちなみに、パウンチホイールの公式ツイッター

存在していますね。

 

さらにこちらでは、その息子さんのツイッターアカウント

見つけました。

 

今なおバンド活動を頑張られているという事がうかがい知れる

内容だといえそうですね。

 

 

それから、岸部一徳さんの家族の1人である

妻に関しましては、また興味深い話を伺っています。

 

一言でいうと、ヤバい感じの噂話をよく聞くわけですね

この奥さんは。

岸部妻が原告のご近所さんに向けて車を発進、
両ひざに全治2週間のけがを負わせたそう。
そもそもトラブルのきっかけは2006年、
原告の娘がマンションの来客用駐車スペースを利用するため、
そこに車を停めていた岸部妻に「空けてほしい」と頼んだら、
その直後から娘の車に「早く出て行け」「死ね、この野郎」などの
張り紙や多数の引っかき傷が付けられるようになったとか。

引用元:エキサイトニュース

こんな話が上がっています。

 

なんだかただならぬ…こう何か大問題とかしそうな

臭いがプンプンする記事ですよね。コレは。

 

他にも、岸部一徳さんと妻は仲に問題があるとも聞いています。

凄まじい、夫婦げんかもよくおこるとの事。

 

・岸部一徳さんが奥さんと喧嘩して、外に出した際、奥さんが1日中ドアを蹴とばし

怒鳴り散らしていた。

・岸部一徳さんが、マンションのゴミ捨て場に隠れていた。

なんて話も聞いています。

 

 

家族関係をここまで解説しましたが、

息子さんはまだいいとして、

妻に関しては、大丈夫なんでしょうかね?

 

岸部一徳の性格を探る。

続きましては、岸部一徳さんの性格面を

探っていきたいなと思います。

 

岸部一徳さんの性格を見ていて思ったのが、

・温構そう

・物静かでミステリアス

・いぶし銀

こういった感じの、性質・性格を持っているように見受けました。

 

イケイケゴーゴーな感じではなくて、あくまでも物静かに

冷静な雰囲気で、どっしり構えてる感がするんですね。

 

ドラマでいう所の、少しだけ頭の固いタイプの

刑事とかをされていそうな…そんな雰囲気を出しています。

 

岸部一徳さん、元はと言えばバンドをされていた方なのですが、

俳優路線を進んでからという物、バンドのイメージから

そうとう離れたイメージを持たれている気が…!?

 

 

岸部一徳の演技力とは?

最後は岸部一徳さんと演技力の話でもして

行こうと思います。

 

岸部一徳さんは、1975年に俳優路線に転向してから

というもの、40年くらい俳優として戦い続けてきています。

 

言うまでもなく、演技力のほどは、安定したいぶし銀の演技

的な感じだと僕は思っている訳ですが、

案外色んな情報が目に入ってきますね。

1990年、映画『死の棘』にて、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞

主に助演で無類の存在感

数々のドラマ作品やCMに出演して名脇役と呼ばれている。

有能な学者、無能なサラリーマン、高潔な人格者、悪役では残忍な凶暴犯、奸智にたけた巨悪、また卑劣で間抜けな小悪党と、ありとあらゆる幅広い役柄をこなす。

演技力も素晴らしい実積・能力であるという評価は覆りそうにないです。

 

主演的な、キラキラ感は無いけど、居ないと困る名わき役と言えましょう。

 

 

まとめ

・岸部一徳さん、家族は嫁さんと息子の2名。

・性格は、温厚でミステリアス。

・演技力はわき役としてなくてはならない存在。

ですね。


スポンサーリンク


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ