ジョン・ハンケの経歴やプロフィールを紹介!【ポケモン生みの親】


スポンサーリンク

ポケモンGOが世界で大人気ですが、

そんなポケモンGOを生み出した会社の、

ナイアンティックのCEOである、

ジョン・ハンケさんはどんな人か気になって来る頃ですので

今回はそれを記事にしていこうかと思います。

 

 

ジョン・ハンケの経歴やプロフィールを紹介!


スポンサーリンク


まずはジョン・ハンケさんの経歴でしたり

プロフィール等を紹介していこうかと思います。

 

~プロフィール~

名前:ジョン・ハンケ

英名:John Hanke

国籍:アメリカ合衆国

肩書:ナイアンティックの、最高経営責任者(CEO)

 

~経歴~

起業家としての人生を歩む。

インターネット系の会社として最初に、Keyhole,Incを設立。

後にこの会社は、Googleに買収されて、Googleアースの

元の製品となる。

 

買収された後の数年間はGoogleで働き、

Googleアース Googleマップ Googleストリートビュー等を

運営するチームを率いた。

 

その後2011年には、Google内部で起業する事となり

Niantic Labsを設立。

 

2015年8月にグーグルから独立した組織となり、

現在に至ります。

 

ちなみに独立元のGoogleが、ナイアンティックラボの株式の

30パーセントを保有しているとか。

 

 

起業家人生であり、最先端を生き続けている経歴と

言えましょう。

 

ジョン・ハンケ・ポケモン生みの親伝説!

ジョンハンケが生み出したこのポケモンGOが

どのような影響を及ぼしているのか調べますと

色んな情報が耳に入ってきますね。

 

・米国人の10人に1人が毎日プレイしている。

・米国内だけで1日600万ドル(約6.2億円)の売上(推測)

・米国の某記者が会見の最中にゲームで遊んでいた。

・ジャスティンビーバーもゲームをしていて忠告を受ける事も。

・イスラエルの首相も首相官邸内でポケモンGOで遊んでいた。

なんて感じですね。

 

まさにポケモンGOが世界を覆い尽くしています。

 

 

まとめ

・ジョン・ハンケの経歴やプロフィールを見る限り、起業家人生を歩んでる。

・ポケモン生みの親の影響は世界に響いている。

ですね。

 


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ