法村珠里が深イイ話に出演!その家族や実家、両親の父・母もバレエのエリートだった件


スポンサーリンク

 

バレエの法村珠里さんが、

深イイ話に出演されると話題ですね。

https://twitter.com/Jurimatic/status/758431871176876032

 

法村珠里さんさんはバレエの世界で

活動活躍されており、その家族もまた

バレエ一筋に生きてきているまさに

バレエ一家だったりします。

 

今回はそんな法村珠里さんの、

「家族はどうなんだ?」

「法村珠里さんの両親、父や母はどんな人?」

「実家はどんな所なの?」

と言った疑問に答えていこうかと思います。

 

 

法村珠里の家族はどんな感じなの?両親の父や母も紹介!


スポンサーリンク


法村珠里さんの家族関係、両親でしたり父親や母親を

紹介していこうかと思います。

 

まずは父ですが、

現在運営されている、法村友井バレエ団の団長を

務めている方で、

名前は、法村牧緒さんですね。

1983年より団長として運営にかかわっており、

ロシアのバレエのシステムを定着させた功績があります。

 

元はと言えば1937年から始まったこのバレエ団ですが

現在もなお運営を続けています。

 

お父さんは、1983年に団長の座に就いたとありますから、

約33年間団長であり続けたという事になりますね。

そんなお父さんのお顔を見させていただきますと、

まだ60代か50代くらいな見た目されていますので、

20代くらいの頃にバレエ団を継いだのでは?

と推測できますね。

若くからバレエ団の団長として運営に携わるとは

なんとも経験豊富そうですね…。

なお現在は、バレエ教室を50くらい運営されているそうです。

日本のバレエ人口がどうなのかはわかりませんが、

大手バレエ教室である事は間違いなさそうですね。

 

続いては、法村珠里さんの母ですね。

余り情報が無いのですが解っている情報を纏めますと、

名前は、宮本東代子さんであること。

そして、お母さんもまたバレエの道を進まれた方である事は

間違いないです。

 

なお法村珠里さんの言葉に興味深い一言があったので

こちらも紹介しますね。

「母のお腹にいるときから踊っていました(笑)。

バレエを始めたのは3歳。気がつくと習っていました。」

バレエ教室を運営する父が居て、

バレエの道を邁進する母が居れば

娘さんだってもちろんのこと、バレエの道を進みます。

 

18歳でロシアのモスクワに、バレエの為の留学を

2年間経験しより磨きをかけたなんて逸話もありますから、

 

法村珠里さんの家族関係…両親は

父も母もその持てる財政力、実力、情熱を

法村珠里さんに注いでいたという事が出来そうです。

 

 

法村珠里の実家とは?

上記でも軽く触れましたが、

法村珠里さんの実家はバレエ教室を

代々運営しているお家柄ですね。

 

ほぼ80年の長きにわたって運営され続けてきた

由緒あるバレエ教室で、

相当数のバレリーナを輩出し続けています。

 

そして何より、そこに生まれたものは

皆バレエの道へと進んでいく家系でもあるといえましょう。

ある意味、”良くできた実家”、”華麗なる一族”と

言えましょう。

 

 

まとめ

・法村珠里さんの家族はバレエ一筋。

・法村珠里さんの両親である父や母もバレエ一筋。

・実家は約80年続くバレエ教室。

ですね。


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ