林田岬優の父・母等の両親と身長体重を公開!金城大学生ってマジ!?


スポンサーリンク

モデルの林田岬優さん。

ここ最近目立つ機会が増え始めましたね。

 

そんな彼女の、

「父・母等の家族関係は?」

「金城大学に居るってホント?」

「身長体重はどれくらいあるの?」

といった疑問に

答えていこうと思います。

 

林田岬優の家族。


スポンサーリンク


まず最初は、林田岬優さんの

家族に関する話になります。

林田岬優さんの家族その1、母

林田岬優さんの母ですが、

どうやら興味深い経歴の

持ち主のようです。

 

元ミスユニバースの愛知県代表を

務めていた方との事で、

娘の林田岬優さんと似た道をゆく

先人のような役割を、家の中で

していたのではないか?

と、考えています。

 

そんな母親の容姿に対する評価に、

「オードリーヘップバーンに似ている」

なんて評価もあるそうです。

 

まさに、美の家系と言えそうですね。

 

林田岬優さんの家族その2、父

続いては林田岬優さんと

父のお話です。

 

このお父さんと林田岬優さんは

一時期”対立”していた関係

との事ですね。

 

どんな対立だったのか、具体的な

詳細は語られていませんが、

ファッションモデルや女優という道を

進もうとする我が娘に、安定してほしい

ないし、上記の母と同じ路線を行かせるのが

不安だと考えたのかも知れませんね。

ですがこのお父さん、残念ながら

現在は既に亡くなっています。

 

彼女曰く、凄く厳しい父だった

との事ですが、自分の中では

起きな影響力のある存在だったと

語っています。

 

結果的に林田岬優さんは

現在大人気女優・ファッションモデルの階段を

駆け上がっています。

 

きっとお父さんも喜んでいること

でしょう。

 

ちなみに、そんな林田岬優さんの

お父さんのお母さん(林田岬優さんから見て、父方お祖母)も

また、女優だったそうです。

 

林田家は女性が芸能の道へと進む

何か運命でもあるのかも知れませんね。

 

林田岬優さんの家族その3、妹

続いては林田岬優さんの

妹さんについてですね。

 

林田岬優さんの妹さんですが、

現在モデルをされている

との事です。

 

上記でも触れましたがやっぱり

芸能一家なんですね。

 

ちなみにですがこの

妹さんには秀でた特徴があり

なんと身長が185センチもあるそうです。

 

女性の平均身長が世界一高いオランダすら

170.7センチと出ている中、

怒涛の185センチです。

 

どこに行っても凄い存在感を

放ちそうですね…。

でもそれだけの体系ですと、

モデルとして凄く見栄えが良く

なりそうだなと感じますね。

 

そんな妹を持った林田岬優さんの

身長は、171センチです。

 

こう見ると小さく聞こえますが

これでも日本の平均の女性の

身長である、168センチを超える

ある種の高身長と言えるはずです。

 

いやはやまさに

モデルになるべくして出来た

体形と表現できそうですね。

林田岬優と金城大学の話。

続いては林田岬優さんは

金城大学に通ってるのでは?

という噂についてですね。

 

林田岬優さんは正式に

どこの大学に通っているか

開示していませんが、

やはりネット社会。

 

ツイッター等での第三者のつぶやき

等から情報が漏れ、どうやら

金城大学に通われている

そうなんですね。

 

更に別の噂によりますと、

休学中では?とも聞いています。

ジャニーズなんか特にそうですが、

芸能活動と学業は両立が厳しい側面も

ありますので、

厳しくなると、休学も致し方ない面が

出てくるんだなと感じた次第です。

 

ちなみにですが、

この金城大学は、私立大学で

社会福祉・看護・医療健康

系列の学部から成り立っています。

 

医療に近い道を学びつつ芸能活動…

 

うーん、これはどう活かされてくるんだろ?

 

林田岬優の身長体重。

最後は改めまして、

身長体重のお話です。

 

林田岬優さんの身長体重は

上記でお話した通り、

身長:171センチ

体重:50キロ前後(?)

ではないか?と、考えられますね。

 

ちなみに適正体重は、

64キロ強くらいですが、

ファッションモデルとして

見事な体形を維持されていますので

推測で50キロとさせていただきました。

 

まとめ

・林田岬優さん、父や母等の家族も芸能の道を進む。

・金城大学に進学してるっぽい…?

・体重は公称されておらず…

ですね。


スポンサーリンク


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ